要らない物を処分

廃品回収業者の規定とは何か

廃品回収とは、家庭から出た廃品で再生可能な物を回収することです。廃品回収の目的となるものは、空き缶や瓶、古新聞や雑誌などになります。廃品回収業者は、家庭から出たこれらの廃品を回収して対価を得ているのです。子供会などで親子がいっしょになって地域をまわることもあります。廃品回収をして得た対価が子供会などのお金になるのです。この廃品回収を業として行うためには、最寄りの市区町村などから一般廃棄物収集運搬の許可を得なければいけないのです。勝手に行うことは禁止されているのです。しかし、軽トラックなどで家庭にあるものを回収する無許可の業者が多く出現しているのです。家庭の不用品や粗大ごみなどがあれば回収しますというように拡声器で宣伝をしながら回っているのです。

トラブルを避けるために注意をすることとは

家庭から出てきたゴミの中には、回収して再生させることで資源となるものもあるのです。この再生できる資源を集める仕事をしているのが、廃品回収業者なのです。ところが、全国的に無許可で廃品回収をしている業者が問題となっています。これらの業者の特徴は、軽トラックから拡声器で粗大ごみや廃品を回収しようとします。しかし、トラックに粗大ごみを回収したあとに無料回収と言っていたのに多額な金額を請求したりするのです。このような回収業者は違法であり、家宅捜査が入り逮捕された人もいるのです。粗大ごみや資源ごみは、住んでいる地域によって正しい出し方というものがあります。特に、家電品やパソコンなどはどう捨てたらいいかわからないこともあります。その場合には、市区町村に直接聞くことが大切です。安易に廃品回収業者に頼んでしまうとトラブルとなる可能性もあるので注意が必要です。